「生ワクチン」と「不活化ワクチン」は・・・。 | 【足のつり改善なら】アトラス整体院 

病気

 

ワクチンには大きく分けて

「生ワクチン」と「不活化ワクチン」

があります。

生ワクチンとは、生きているウイルスや細菌の毒性(病原性:病気を引き起こす力)を弱めて作ったワクチンの事です。

ですが、いくら毒性を弱めてあるとは言っても、ウイルスや細菌は体内で増殖をしてしまうために、接種後しばらくは「発熱」、「発疹」など、その病気の症状が軽く出ることが有ります。

つまり、その病気に軽くかかったのと同じ状態になるわけなんです。

そのため生ワクチンは

「1回の接種で、長く持続する免疫が獲得できる」

とされてきました。

しかし、ワクチンで獲得したその免疫は、次にその病原体に接種することによって強化され、効果が持続する免疫になることも分かってきました。

「麻疹」や「風疹」のように病気が減少すると、その病原体に接種する機会も減少してしまうため、ワクチンで獲得した免疫の強化が出来ませんし、効果も長く持続しなくなっています。

そのため現在では、麻疹や風疹などに対して免疫を長く持続させるために、複数回のワクチン接種を実施するようになりました。

生ワクチンが使用されているのは結核や麻疹、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)などのワクチンです。

不活化ワクチンはホルマリンや紫外線などで下処理をして、感染性や毒性をなくした病原体およびその成分でつくったワクチンです。

不活化ワクチンは生ワクチンのように体内で増殖することはないので、「その病気の症状が身体に現れることもありません」が、1回接種しただけでは長く持続する免疫を獲得できないので、数回の接種が必要です。

不活化ワクチンが使用されているのは、

日本脳炎、DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)三種混合、インフルエンザなど

のワクチンです。

不活化ワクチンの一種で「トキソイド」というものがあります。

勿論、細菌のもつ毒性成分を取り出して無毒化した免疫原性(免疫機能が働く成分)だけを残したもので、ジフテリアや破傷風などのワクチンに使われています。

 

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ