麻酔薬は・・・!? | 【お顔のゆがみや花粉症対策なら】アトラス整体院

お昼寝

 

麻酔薬は、【中枢神経や末梢神経を、一時的に抑制する働き】をします。

この麻酔薬によって起こる状態が、「麻酔」です。

麻酔には「全身麻酔」と「局所麻酔」が有り、全身麻酔は【無意識・無痛・反射抑制がすべて整った状態】で、患者さんが眠っている間に手術が終わります。

局所麻酔は、【手術する患部周辺のみの無痛・反射抑制が起こる】もので、意識ははっきりとしています。

これらの麻酔法は、「病気の部位や性質、手術の方法や所要時間、合併症の有無」などによって決定されます。

また、最近は術中・術後の鎮痛目的等により、全身麻酔と局所麻酔をそれぞれ単独、あるいは両方を併用する等、様々なケースによる対応がなされるようになってきています。

全身麻酔には、呼吸を抑制する作用を有するものがあるので、気道を確保する必要があります。

多くは筋弛緩剤を使い、肺に酸素や麻酔薬を送り込むための「気管内挿管」(小指くらいの太さのチューブ)を行います。

気管内挿管が必要な手術は割と多いようで、【2時間以上かかる手術】や、【新生児や乳児、高齢者の手術】にも使われています。

また、麻酔薬は一般に「血管を拡張させる作用がありますので、血圧が下がりやすく」もなります。

特に、「脱水状態のときに急な出血が起きた」ときには著しい低血圧を招く恐れが有りますので、適切な麻酔薬の種類や投与量を選択した上で、輸液や輸血により体液の量を調整、時には血圧を上昇させる薬を使用して血圧を維持します。

現在では、安全性の高い薬や監視装置等の改良、専門麻酔医の手術現場の立ち会い等のお陰で、「麻酔による死亡事故はまれになって来た」そうですよ。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ