最近のお注射は、○○ない!? | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

医者

 

体調があまり良くなかったので久しぶりに病院で注射を受けましたが、気のせいか「あまり痛くは感じません」でした。

ずいぶん昔の小学生時に受けた予防接種は、「まるでねじ込まれている様な」もっと痛かったような記憶がありましたが…。

同世代の人にも確認しましたが、確かに皆さんも同様に感じたようで、「昔受けた予防接種の注射に比べれば、格段に痛くない」ようです。

そこで、ちょっと調べてみました。

今は、看護師さんなどが注射針を刺すときに、「少しチクッとしますよ」と言う言葉を良く耳にしますが、昭和40年代の注射は、「少しチクッと」という可愛いものではなく、「思わず、ギュッと目を閉じてしまう」というような痛さがありました。

現在の注射は、「針を刺す瞬間に少し痛みを感じる程度」ですが、当時の注射は「その後から、さらに痛くなった」ものです。
(ですから、「よく揉んでおいてね。」と、にこやかに言われたんですね~。)

また、先生が太い針を、「力を込めて腕に押し込み」ますし、「針を抜くときも、肉が引っ張られるような痛み」を感じたものですよね。

私だけではなく、注射の順番を待っている間、終わった子に、痛かったかどうか聞いていた人も多いと思います。

それもあってか、私も含め予防接種の時期が近付いて来ると、憂鬱な気分になってしまう子も多かった気が・・・。

最近の注射が痛くなくなったのは、【針が昔よりも細くなった】のと、針先の加工技術が進歩して、【刺した時の針と皮膚の摩擦が減っているお陰】だそうです。

今回の注射は確かに、昔に比べ注射針がスムーズに体の中にへと入っていくのが実感できました。

ちなみに、注射針は「細くなればなるほど、痛みが小さくなる」んだそうです。

蚊に刺された時に、私たちが痛みを感じないのも、その「針の細さが理由の一つ」になります。

その点に注目した日本人の一人が開発した、【直径0.2ミリの注射針】が話題を集めた時がありました。

最新の研究はもっと進んで、「髪の毛の1000分の1の細さ」しかない新しい注射針も開発されたそうです。

これくらいの細さになると、【薬剤成分の微粒子を、細胞内にピンポイントで直接注入することも可能】だそうですよ。

また、薬物に電気を帯びさせて、「電流を使い皮膚に吸収させる手法」も研究中だそうで、注射が苦手な人には、期待ができそうなお話ですね。

 

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

 

コメントを残す

このページの先頭へ