ブログ記事一覧

近未来的なお話の「ロボット手術」は!?

ロボット   日々進化を遂げている現代医療の中でも、近未来的な遠隔手術のひとつとして【ロボット手術】があります。無機質なロボットに「命を左右するかもしれない手術に身を委ね…
▼続きを読む

「うがい」と「手洗い」で、感染予防を!?

ハンドソープ   「うがい」と「手洗い」が、昔からインフルエンザの予防には有効と言われています。その理由は、ウイルスの周りにある【H】や【N】の「ギザギザ状の突起には、脂肪分…
▼続きを読む

皮膚がんって!?

日焼け   ひと昔まえ昭和の時代には「小麦色に日焼けをしていた芸能人」が、スキンケアのCMに出演しているのを目にするようにもなりました。 昔は、肌を焼いた方が「健康的」…
▼続きを読む

「アジア型がん」と「欧米型がん」!?

食事 最近のがんの傾向を調べてみると、大きく2つに分ける事が出来るそうです。それは「アジア型がん」と「欧米型がん」です。アジア型がんとは、【ウイルスや細菌が原因のがん】を指し、主…
▼続きを読む

免疫機能の暴走!?【サイトカイン・ストーム】

感染 ウイルスや細菌などが体内に入ると、人間の免疫機能が働き出します。その時に身体は免疫システムを機能させるため、白血球から「サイトカイン」というたんぱく質を放出して、「免疫力が…
▼続きを読む

抗ウイルス剤の仕組みは!?

クスリ   よく間違われてしまいますが、実は、ウイルスに対して「抗生物質」は効果はありません。身体がウイルスと戦うには、【人間の免疫】か、あるいは【ワクチン】しかありませんでした…
▼続きを読む

「感染るがん」もある!?

悩み   日本人の死因で急上昇中の「がん」は、人から人へと感染する事があるのでしょうか?実はがんの中には、「ウィルスや細菌の感染が原因となる」ものもあるんです。その代表格が「胃…
▼続きを読む

血液型と性格は!?

相性    血液型での性格診断。「当たる」「当たらない」は別として、日本人の中でも好きな人は結構多いですよね。一昔前には、○○型(血液型)の処方箋という本まで出版されて、一大ブ…
▼続きを読む

コピーミスが原因で、ウィルスは突然変異を起こす!?

コピー   細胞の中に侵入したウイルスが細胞の中でコピーするときに、実は「ひっきりなしにコピーミスが起きている」のです。それは、ウイルスの遺伝子が「DNA」ではなく「R…
▼続きを読む

Rh(+)とRH(-)との輸血は!?

伴侶 血液型がABO型だけであるのなら、この血液型さえマッチさせれば輸血しても問題はないはずですが、 同じ血液型同士の夫婦での輸血で異常が見つかった事がありました。 &nbs…
▼続きを読む

血液型にくっつく「Rh」って!?

アカゲザル A型・B型・O型・AB型の後に続く、「Rh(+)」や「Rh(-)」って、どういう意味なのでしょうか? 実はこのRhは、ある動物の頭文字から付けられているのです。 それは…
▼続きを読む

インフルエンザウィルスの侵入方法は!?

鍵と鍵穴 インフルエンザのウイルスは、どのようにして私たちの身体に侵入し、そして増殖していくのでしょうか?簡単に説明すると、「Hで侵入し、Nで脱出する」という事になります。「H」や「…
▼続きを読む

膠原病では反応が強く起こる、「レイノー現象」とは!?

指先 指が突然白くなったり、紫色になったりする現象で「レイノー現象」というものがあります。これは、「寒さ」や「冷たさ」に反応して、発作的に起こるのが特徴です。指先や皮膚が寒くなれ…
▼続きを読む

内視鏡手術の道のり!?

病気 1910年代には、「結核の診断と治療」に胸腔鏡が使われだし、1960年代ごろからは、「内科医・婦人科医が診断のため」に腹腔鏡をさかんに利用し始めました。 泌尿器科医も、「…
▼続きを読む

内視鏡の誕生秘話!?

骨格君 使い勝手が良いのかどうかが分かりませんけど、内視するための道具(内視鏡)の原型は、ギリシャ時代にはすでにもう有ったそうです。 現在の内視鏡に近い物の登場としては、1853…
▼続きを読む

血液型発見までの道のり

二宮金次郎     一般的に「人の血液には4種類の血液型がある」のは、有名です。 ちなみに私の血液型はB型ですが、一体いつから血液型は分類されだしたのでしょう…
▼続きを読む

インフルエンザワクチンには、有精卵を!?

生玉子   現在、インフルエンザを予防するための一般的な処置としては、「ワクチンを事前に接種する事」が奨励されています。実はこのワクチンですが、日本での製造法は【鶏の有…
▼続きを読む

「インフルエンザA型」は、曲者だらけ!?

ハトの集団 人間の間で流行する「インフルエンザA型」は、毎年細やかな変異を遂げ、毎年のように流行しています。しかし、「インフルエンザB型」は、遺伝子がかなり安定していますから、「あまり…
▼続きを読む

お正月太りのダイエットは楽しくやりましょう。~PART3~

ミネラルウォーター (お正月太りのダイエットは「楽しく」やりましょう。~PART2~の続きから)④体内の代謝酵素に適した時間に「食事をする」24時間を人間の生理リズムから大きく3つに分ける考え…
▼続きを読む

お正月太りのダイエットは楽しくやりましょう。~PART2~

フルーツ (お正月太りのダイエットは「楽しく」やりましょう。~PART1~の続きから)①「食事をとる時の順番を変える」せっかく食べ物を摂取しても、それらを分解する酵素を浪費すると「体…
▼続きを読む
このページの先頭へ