30~40歳代に多くみられる「下垂体腺腫」は…!? | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

考える人

 

下垂体腺腫は、「下垂体前葉細胞に発生する良性の腫瘍」で、非常にゆっくりと進行していきます。

また、【良性腫瘍は転移しない】と言われていますし、「遺伝もしない」ことも分かっているそうです。

【脳腫瘍のうちの約15%を占めていて、比較的発生頻度が高い】です。

さまざまな症状を引き起こし、「30~40歳代」で多くみられます。

下垂体腺腫には、

ホルモンを異常分泌する【ホルモン産生腺腫】と、
ホルモンを分泌しない【非機能性腺腫】

とがあります。

ホルモン産生腺腫では、「異常分泌するホルモンの種類によって病名が分けられています」。

最も多いのが【プロラクチン産生腺腫】で、乳汁分泌ホルモンを分泌し、女性では、月経不順や無月経、授乳中ではないのに乳汁を分泌します。

男性では、「性欲低下や勃発不全などの症状」がみられます。

成長ホルモン産生腺腫は、

小児期では身長や手足が異常に伸びる「巨人症」、
成人では手足の先端や額、下顎、鼻、唇、舌などか肥大する「先端巨大」

がみられます。

ちなみに、【高血圧や糖尿病の原因になることもある】そうです。

副腎皮質ホルモン産生腺腫は「クッシング病」とも呼ばれ、女性に多くみられます。

顔が満月の様に丸くなる、
胸や腹が太いのに対して手足が細くなる中心性肥満、
ニキビができやすい、
体毛が濃くなる、
下腹部に青紫色の筋が出る

などの症状があります。

こちらも、高血圧や糖尿病の合併症が多いです。

【非機能性腺腫では、ホルモンバランスは崩れません】が、肥大した下垂体の腫瘍が視神経を圧迫するため、視野狭窄などの症状が現れます。

そして、「視力の低下に伴い、視野の両耳側が見えなくなる」ことがあります。

治療は基本的に【下垂体腫瘍摘出術】が行われますが、腫瘍の縮小効果がある薬品による化学療法が行われる場合もあります。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ