成人の失明原因のトップに位置する「糖尿病性網膜症」は・・・。 | 【足のつり改善なら】アトラス整体院 

甘いお菓子

 

糖尿病による血管障害の一つに、目の網膜にさまざまな障害が起きる病気として「糖尿病性網膜症」というものがあります。

怖いことにこれは、【成人の失明原因のトップにあたる】そうです。

「糖尿病を発症して、10年経過した患者の約半数に、この病気が起きる」と言われています。

しかも、発症するまでは「ほとんど自覚症状が出ない」と言う、怖い病気でもあります。

主な原因として、「糖尿病患者の、糖分を多く含む血液」があげられています。

糖分が高いために粘度の高まってしまった血液が、【目の網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁を脆くさせたり】してしまうんです。

この病気は、次の「三つの段階を経て悪化」して行きます。


①初期の段階では、「血管壁が次第に脆くなり、毛細血管に小さなコブやしみのような小さな点状の出血」が見られたり、「たんぱく質や脂肪などが網膜に溜まって白いシミ」が出来たりします。

この状態を【単純性網膜症】と言います。


②単純性網膜症が進むと、「白いシミが増えて、毛細血管が部分的に塞がれて」しまいます。

これが【前増殖型網膜症】の段階になります。

これらの初期~中期の段階では、自覚症状はほとんど出ないそうです。


③さらに進んで【増殖型網膜症】の段階になりますと、「塞がった網膜の酸素不足を補うために新しい血管が、網膜上だけでなく硝子体の中にまで伸びて」行きます。

ところがこの血管には大きな欠陥があり、「とても脆く破れやすくなっているために、硝子体出血や網膜剥離を起こして、失明に至ることも少なくない」のだそうです。


初期段階である単純性網膜症の時には、「薬で網膜の変化を抑える薬剤療法が中心」となります。

その段階を過ぎてしまうと、「レーザーを網膜に照射して、血管の新生を抑える光凝固療法や眼球への出血や網膜剥離に対する手術」を行います。


ですが、視力を元通りにするのは難しいそうです。

もしも不規則な生活を送っていらっしゃるのであれば、「規則正しい生活」へと改善するなどを心掛けて、手遅れにならないようにして下さい。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ