日本人の肝臓がんは、ほとんどウィルスの感染が!? | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

医者

 

肝臓がんは、「肝臓に悪性腫瘍が発生する病気」ですが、

日本人の肝臓がんのほとんどは、【ウイルスの感染から来ている】

と言われています。

ちなみに、肝炎ウイルスに感染後、「慢性肝炎」、「肝硬変」を経て、【30年くらい時間をかけて発症】するそうです。

よく肝臓は、「沈黙の臓器」と呼ばれています。

それは、【痛みを感じる神経がほとんどない】からなのですが、逆を言えば、かなり悪くなってもほとんど痛みを感じません。

肝臓がんで自覚症状が出た頃には、「手遅れになっている場合も多く、治療をより難しいもの」にしています。

肝臓がんには、

肝臓自体から発症する【原発性肝臓がん】と、

他の臓器にできたがんが転移してくる【転移性肝臓がん】

の2種類があります。

原発性肝臓がんは、

肝細胞からできる「肝細胞がん」と、

肝臓の中の胆管細胞からできる「胆管細胞がん」

の2つに分けられますが、【肝細胞がんが大部分を占めています】。

ですので、一般的に肝臓がんと言うと、肝細胞がんのことを表しているようです。

肝細胞がんは、肝炎ウイルスに感染後、

慢性肝炎、
肝硬変を経て、

30年くらいの時間をかけて発症するパターンが多いのです。

日本では、

肝臓がんの患者さんの20%がB型肝炎ウイルス
70%がC型肝炎ウイルスに感染していて、

約80%は肝硬変が合併する

と言われています。

逆を言えば、「正常な肝臓には、肝臓がんが発生することは少ない」とも言えます。

症状は、進行すると、

全身の倦怠感、
右上腹部のしこりや痛み、
腹水や黄疸、
体重の減少など

が起きますが、初期の段階では、ほとんど自覚症状がありません

治療は一般に、【肝機能が正常に近い場合は、腫瘍部分を摘出する手術】が行われます。

また、「肝機能に障害がある場合」は、

エタノールをがんの部分へ注射したり、
肝動脈に抗がん剤を注入したり、

などの内科的局所療法が行われます。

また、【生体肝移植】も行われるようになっています。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ