脳脊髄液がスムーズに入れ替わらなくなる事で発生する、【水頭症】は…。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

福助

 

水頭症は、【脳脊髄液がスムーズに血管へと流れなくなり、脳室の中に多量に溜まって起こる病気】です。

脳脊髄液は、脳の中心にある脳室で作られている「無色透明な液体」です。

常に脳や脊髄周囲を循環していて、【頭蓋内には新しい脳脊髄液があります】。

脳はそこに浮かぶ様にして、守られています。

脳脊髄液は、脳室から狭い道を通り「脳の表面に流れ出たあと、血液に吸収」されます。

通常では、脳脊髄液は【1日に2、3回】入れ替わります。

しかし、この流れが滞ってしまい、脳脊髄液が多量に溜まってしまうと、「脳室が大きくなり過ぎて、脳が圧迫」されます。

圧迫された脳は働きが悪くなり、

頭痛や吐き気、
嘔吐、
意識障害、
歩行困難、
認知症

など様々な重い症状がみられるようになります。

水頭症の治療には、【シャント術と言われる手術】が行われます。

循環が滞ってしまった脳脊髄液の流れをスムーズにするために、「シャントチューブ」というシリコン製のチューブを通してバイパスを作ります。

バイパスの経路には、

脳室から腹腔へ脳脊髄液を流す【脳室ー腹腔シャント】(V-Pシャント)、
脳室から心臓のそばの太い静脈へ流す【脳室ー心房シャント】(V-Aシャント)、
腰椎から腹腔へと流す【腰椎ー腹腔シャント】(L-Pシャント)

などがあります。

乳幼児期に発症した水頭症は「適切な治療を受ければ、生存率は約90%以上」になります。

また、【60%程が正常な知能か、学校教育をうけることが可能な回復が見られる】という報告もあります。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ