【水道水によるキズの洗浄】は・・・。 | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

水道水

 

ケガをした時に、消毒薬でキズ口を洗うよりも、「ただの水道水でキズ口を洗った方が良い」ってお話、知っていますか?

【うるおい治療】と呼ばれている治療法で、

キズを消毒しない、
キズを乾かさない

という2つの原則だけで、「自然とキズが治ってしまう」というのです。

使うものも、

白色ワセリン
食品包装用ラップ(もしくは市販のハイドロコロイド被覆材)、
そして水道水

になります。

すりむきキズなどの軽傷の場合なら、ざっと水道水でキズ口を洗い流し、白色ワセリンを塗ったラップで覆い、ずれないように絆創膏でラップをとめて、包帯を巻くだけです。

これを、【1日に1~3回ほど繰り返すだけ】で、大抵のものは良くなっていきます。

でも、水道水だけでキズ口を洗っても大丈夫なのでしょうか?

答えは、「大丈夫」です。

実際、水道水で洗っても大丈夫ですし、それで【キズが化膿するようなこともありません】。

洗う際の痛みで言えば「生理食塩水のほうが痛くない」そうですが、とっさの場合には身近にある水道の水で洗って汚れを落としましょう。

水道水で洗って

キズにバイ菌が入らないか、
キズが化膿しないか

を心配する人もいるでしょうが、【全くの杞憂】になります。

理由としてはまず、「日本の水道水は、塩素で殺菌されているので、水道水中の細菌の数はゼロ」(水道局公開データ)となっています。

それにもしも仮に細菌が水道水の中に入ってしまったとしても、「水道の水の流れの強さは、細菌にとってはナイアガラの滝以上の激流」なので、水道水中の細菌がキズにくっつく確率は、【限りなくゼロに近い】ようです。

キズ口表面の細菌にしても、キズ口の組織に密着しているわけでもないので、大量の水で洗えば押し流されていきます。

化膿も、キズに細菌が入っただけでは起こりません。
(細菌の隠れ家となる「繁殖場所」があると、化膿が起こります)

水道が身近にない屋外の場合には、ペットボトルのお茶や川の水で代用できますが、

【ジュースでの洗浄は、避けた方が良い】

ようです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ