セロトニンのある場所は!? | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

手足

 

実は、セロトニンは「脳以外の場所にも存在」しています。

脳内のセロトニンは、【体全体のセロトニンのわずか5%以下】にすぎません。

脳以外に存在するのは、

腸や肝臓、
腎臓、
血液中

などです。

中でも一番多いのは、「消化管である腸」です。

ここには、【体内の90%以上のセロトニン】が集まっています。

脳内のセロトニンは夜の間は休んでいますが、「腸内のセロトニンは夜も活発に分泌」されています。

その主な働きは、【腸管のぜん動運動】です。

腸管がぜん動することで、腸の働きが促進されるのですが、その働きが弱ると便秘になり、過剰になると下痢になります。

腸内のセロトニンは、腸にある細胞から分泌されていて、【最終的には肝臓へと流れていき、そこで大部分は壊されて、役目を終えます】。

また、「血液中には約5%のセロトニンが存在」しています。

その働きの一つが、【止血作用】です。

ケガをして出血すると、傷口を修復するためにかさぶたが作られますが、このときセロトニンは、血小板や赤血球、白血球などの細胞成分を固める働きをします。

こうして穴の開いた傷口にフタをすることで、血を止めてくれるのです。

もう一つの働きは、血管を緊張させる、「収縮作用」です

実は【セロトニン】という名前は、この働きに由来しています。

セロは「serum」(シーラム)といって、血清の意味です。

トニンは【tone】(トーン)で、緊張を意味します。

serum+tone=シーロトニンがセロトニンになったという訳です。

セロトニンの語源となっている血管の収縮作用ですが、これがうまく動かないと起こる症状に片頭痛があります。

血液は、赤血球や白血球、血小板という細胞成分と、血漿という水のような成分に分かれます。

通常、血液中のセロトニンの90%以上が、「血小板の中に貯蔵されている形で存在」しています。

セロトニンは、血小板の中に貯蔵されている間は働くことは出来ませんが、【水分である血漿に溶け込むと、色々な働きをするようになります】

その他に、セロトニンは肝臓や腎臓にも存在しますが、「肝臓や腎臓でのセロトニンの働きは、まだはっきりとは分かっていない」そうです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ