抗ウイルス剤の仕組みは!?

クスリ

 

よく間違われてしまいますが、実は、ウイルスに対して「抗生物質」は効果はありません。

身体がウイルスと戦うには、【人間の免疫】か、あるいは【ワクチン】しかありませんでした。

そこで、各製薬会社がしのぎを削り、「ウイルスをやっつける」タイプの薬の開発競争が勃発しました。

そして誕生したのが、【抗ウイルス剤】です。


抗ウイルス剤には【2種類のタイプ】があり、一つは、「ウイルスのHの突起を抑える」タイプの抗ウイルス剤、もう一つは、細胞に入った後で「破裂して飛び出していくNの突起を抑える」タイプの抗ウイルス剤です。


この「突起を抑える」と「破裂して飛び出すのを抑える」という2種類が考えられ、研究されていました。


しかし、ウイルスの外殻に有るこの【H】という突起が曲者で、「毎年どんどん姿を変化」させていきます。


そのため、せっかく発見されたウイルスのHを抑える抗ウイルス剤を作っても、「ウイルスが変異してしまうと、その翌年には効果がなくなってしまう」のです。

ところが、もう一つの【中に入って増殖した後に破裂して、外に飛び出すN】については、それほど変化しないことが分かっていましたから、「Nの働きを抑える」という抗ウイルス剤をつくったところ、これが見事に上手くいったのです。


それが【タミフル】であり、【リレンザ】ということになります。


タミフルは、「リン酸オセルタミビル製剤」の商標名になります。

<tamiflu>の語源となっている薬品名の由来は、<Oseltamivir(リン酸オセルタミビル)>の<tami>と<influenza(インフルエンザ)>の<flu>の掛け合わせで出来た造語として、<tamiflu>になりました。

もう一つのリレンザは「ザナミビル」の商品名となります。


それぞれ別の製薬会社が作っていますが、

タミフルは【飲み薬】、
リレンザは【特殊な吸入器を使っての吸引】

です。


ちなみに、タミフルでは服用後効き始めるまでに3~4時間かかりますが、リレンザでは患部の喉に直接薬剤を吹きつけるので即効性があり、「15秒で効き始める」と言われています。

 

=========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

愛知県一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

TEL:0586-73-1919


「ホームページを見て・・・」と、お電話下さい

=========================

コメントを残す

このページの先頭へ