尿路結石は、男女で痛み方が違う!? | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

お手洗い

 

尿管を通る時がとっても痛い【尿路結石】とは、

尿に溶け込んでいるカルシウム、シュウ酸、尿酸、リン酸などの「ミネラル物質」が、何らかの原因が元で【体内にある有機物質も巻き込んで石状の結晶となり、固まる病気】

です。

結石のできる場所によって「腎結石」、「尿管結石」、「膀胱結石」、「尿道結石」などがあります。

発症部位は、腎臓結石と尿管結石を合わせて【約95%】、膀胱結石と尿道結石で【約5%】といわれています。

尿路結石の70%以上が「シュウ酸カルシウム」を含有し、「リン酸マグネシウムアンモニウム、尿酸、シスチン」が約20%を占めます。

結石が腎臓に溜まっている間は、【ほとんど症状が無いか鈍痛程度】なんですが、
結石が腎臓から尿管に移動する時には、【腎盂内圧が上昇し、腎皮膜が広げられ、腎盂にけいれん】が生じます。

痛みはかなり激しく、背腰部や下腹部などに広がり、吐き気や血尿も伴います。

「発症は女性の2~3倍」と男性の方が多く、20~50歳に多いそうです。

女性の場合では、女性がかかりやすい膀胱炎に似た排尿終末時痛や血尿、頻尿をきたす事がありますが、膀胱まで結石が落ちてくると「尿道が尿管よりも太い」ため、尿と一緒に排出されます。

男性は結石が尿道を通るさいに自覚症状がありますが、「女性の場合は、気づかない事が多い」そうですよ。

治療としては、5mm前後の小さな結石なら、水分摂取や運動、薬の内服で自然に排出されるのを待ちます。

結石が大きい場合や、排出困難の場合は超音波を使った「破砕治療」を行うようです。

一般的な破砕治療としては、

「体外衝撃波結石破砕術」(電気スパークや圧電素子による衝撃波によって結石を破砕)

が行われます。

この他には、

内視鏡を使う「経尿道的破砕術」(尿道から尿管内視鏡を挿入し、直接観察しながら結石を破砕)

や、

2cm以上の腎臓結石に対して行われる「経皮的腎結石破砕術」(腰から1cm程の穴を開け、腎臓に内視鏡を挿入し、直視しながら破砕・吸引)

などが行われています。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ