心筋梗塞には・・・。 | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

ハート

 

心臓から伸びている冠状の形の動脈(冠動脈)への血流が途絶える事により、そこから先の心筋が壊死する病気として「心筋梗塞」があります。

特徴としては、「激しい痛みが数時間も続く」のと、「壊死した範囲が広いと心不全に陥って、死亡する」というケースも高いそうです。

一日に約七千リットルもの大量の血液を送り出して、眠っている間も休みなく動き続ける心臓ですが、その収縮活動にエネルギーや酸素を供給するのは、
「心臓の周囲を取り巻いている二本の冠動脈」です。

冠動脈は、少しずつ枝分かれしながら心臓全体に血液を送り届けていますが、【冠動脈の血流が途絶えてしまうと、そこから先の心筋が壊死】してしまいます。

血流が途絶える原因のほとんどが、「動脈硬化」だそうですよ。

それは、「動脈の壁の内側が厚くなって弾力を失い、硬く脆くなってしまった状態」の事ですが、

動脈硬化は、血管を狭くしてしまったり、血管を詰まらせたり、血管の壁にできた血のかたまりが剥がれて流れ出し、先の細い血管を塞いでしまう事もあります。

そうなりますと、心臓が握り潰されるような激しい胸の痛みが突然起こり、「三十分から数時間も痛み」が続きます。

壊死した心筋の範囲が広いと、「心不全やショック、不整脈により、急死する事も珍しくはない」そうです。

高血圧や高脂血症、肥満、糖尿病、タバコ、遺伝などが関係すると考えられていて、【動脈硬化の進んだ高齢者に多い病気】と言われています。

心筋梗塞で倒れた場合ですが、「CCUと呼ばれている、心臓専門の設備を備えた病院」に運び、いかに早く血流を回復させる事が出来るのかが、カギとなります。

とくに

【発作から六時間以内に治療に入れれば、生存率が高くなる」

と言われています。

心筋梗塞の手術治療には、

風船つきのカテーテルを冠動脈に挿入して、狭くなった部分を広げて、冠動脈を広げた状態にする【心臓カテーテル手術】や、

冠動脈に自分の体の中から新しいバイパス血管を移植して、血流を回復する【冠動脈バイパス手術】

などがあります。

 

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ